Patient

biomedica

healthcare limited

Patient

適用症(Indications)

脊柱管狭窄症(Lumbar Spinal Stenosis)

  • pic
  • pic
  • pic
  • pic

脊椎を通過する脊柱管内には、足の力と感覚を支配する神経があります。老化により椎間板の胆力と水分量が減り、椎間板の高さが縮んだりすると硬くなった椎間板が出っ張たりする事で神経が押されたり、脊椎骨と靭帯も伸びたり、硬くなったりする事で脊柱管が狭くなることで神経が押され、腰痛や下枝に麻痺や放射痛が生じうることが脊柱管狭窄症である。正に水道パイプの中が老化により石灰が生じでパイプが詰まって行くような現象と似ています。

脊柱管狭窄症の症状

① 腰を曲げればより楽になる。   ② 立てば、痛くなる。   ③長く歩くと足がしびれる。   ④脚の感覚が鈍くなる。   ⑤横になるか、うつ伏せの姿勢では眠れない。   ⑥低気圧の天気には、腰がごわつき、脚の痛症や痺れがある。

其他の適用症である椎間板ヘルニア、慢性腰痛症、骨神経症、下枝放射痛、FBSS等にも有効な 効果がある。