Patient

biomedica

healthcare limited

Patient

適応症(indications)

脊柱管狭窄症(Lumbar Spinal Stenosis

  • pic
  • pic
  • pic

脊椎を通過する脊柱管には、下肢の動きと感覚を支配する神経が通っています。脊柱管狭窄とは、 この脊柱管を構成している骨や靱帯の肥厚、椎間板の歪みや突出などによって、脊柱管が狭くなり神経が圧迫される疾患です。例えて言えば、水道管が劣化し、石灰が生じてパイプが詰まっていくような現象と似ています。

脊柱管狭窄症の症状

① 腰を前に曲げると楽になる。   ② 立つと、腰や臀部に痛みが生じる。  ③長く歩くと脚がしびれる。    ④脚の感覚が鈍くなる。     ⑤横向きでないと眠れない。    ⑥うつ伏せでは眠れない。    ⑦低気圧下で腰の鈍痛が脚の痛みやしびれがある。

その他の適応症である椎間板ヘルニア、慢性腰痛症、骨神経症、下肢放射痛、背椎手術後痛症候群(FBSS)等にも有効な治療結果を出しています。